チューブ・ダイエット
〈ヘパケア〉

肝疾患用 犬用消化態経腸栄養食(特別療法食)消化態乳たんぱく質使用
肝機能の低下した犬のために

犬用
この製品は食事療法食です。
獣医師の指示に従い給与してください。
食事療法食を与えている間は、定期的に獣医師の診察を
お受けください。

内容量:20g×20包 パウダータイプ 窒素充填
原産国名:日本

TDヘパケアのパッケージ 粉末

※開封時、溶解時に見られる有色微粒子はミネラルパウダーによるもので、品質上の問題はありません。

特徴

  1. 高消化性栄養素の組み合わせで十分量のエネルギーを供給します。
  2. たんぱく質原料は消化態乳たんぱく質を使用しています。
  3. 分岐鎖アミノ酸(BCAA)を高め、芳香族アミノ酸(AAA)を制限してFischer比を高め、アンモニアの解毒、たんぱく質合成の活性化を図りました。
    またAAA由来物質の過剰による脳神経機能の低下を避けました。
  4. アルギニンを増量、タウリンを添加しました。
  5. 脂質は過剰にならないよう調整し、代謝促進のためにL-カルニチンに配慮しました。
  6. オメガ脂肪酸の絶対量と比率に配慮しました。
  7. 食物繊維を配合し血中アンモニア濃度の上昇を避ける配慮をしてあります。
  8. 過剰な銅の摂取を避け、銅の蓄積を抑える亜鉛の含有量を高めました。
  9. 門脈圧亢進を避けるためナトリウムを制限し、十分なカリウム摂取が可能な配合としました。
  10. ビタミン類は所要量を十分にカバーしました。

原材料名

中鎖脂肪酸トリグリセリド(MCT)含有調整脂肪、デキストリン、乳製品、消化態乳たんぱく質、必須アミノ酸類、卵黄粉末、ビタミン類、ミネラル類、タウリン、酵母エキス

成分

たんぱく質 20.0%以上 BCAA(分岐鎖アミノ酸) 5300mg/100g
脂質 25.0%以上 Fischer比 5
粗繊維 2.0%以下 代謝エネルギー(ME) 519kcal/100g
灰分 4.5%以下 たんぱく質由来熱量 17.0%
水分 3.5%以下 脂質由来熱量 51.8%

標準組成

リノール酸 6.26% 120mg/kg パントテン酸 12mg/kg
α-リノレン酸 0.53% 5.0mg/kg ナイアシン 70mg/kg
アラキドン酸 0.06% マンガン 14.0mg/kg ビタミンB6 5.0mg/kg
DHA 0.02% 亜鉛 300mg/kg 葉酸 1.0mg/kg
難消化性デキストリン 1.50% ヨウ素 5.0mg/kg ビオチン 0.1mg/kg
ミルクオリゴ糖 0.50% セレン 0.11mg/kg ビタミンB12 0.030mg/kg
カルシウム 0.65% ビタミンA 7000IU/kg コリン 1500mg/kg
リン 0.50% ビタミンD 700IU/kg アルギニン 1.2%
カリウム 0.70% ビタミンE 150IU/kg タウリン 0.1%
ナトリウム 0.27% ビタミンK 0.15mg/kg ヌクレオチド 100mg/kg
塩素 0.60% ビタミンB1 8.0mg/kg
マグネシウム 0.045% ビタミンB2 5.0mg/kg

1日当りの標準給与量(g)

犬体重 肝疾患安静時 健康維持時
標準給与量 熱量所要量 ratio/安静時 標準給与量 熱量所要量 ratio/安静時
kg g/day kcal/day g/day kcal/day
1 16 83 25 132
2 27 139 43 222
3 36 188 58 301
4 45 233 72 373
5 53 276 85 441
6 61 316 98 506
7 68 355 109 568
8 76 392 121 628
9 83 429 132 686
10 89 464 143 742
20 150 780 241 1248
30 204 1058 326 1692
40 253 1312 405 2100
50 299 1551 478 2482
1.00 1.60

注意事項

  1. 標準給与量は上記の通りですが、給与の1日目には標準給与量の1/3量、2日目には2/3量、3日目には全量給与を目安としてください。
  2. 給与回数は1日に2回以上とし、状態に合わせてお使いください。
  3. 濃度、給与方法、給与速度などは年齢、種類、体重、症状など状態に合わせてお使いください。
  4. 溶解する容器、給与器具は常に清潔で、乾燥したものをご使用ください。
  5. 溶解は清潔な場所で行い、細菌に汚染されないようにご注意ください。
  6. 溶解後は2時間以内にご使用ください。
  7. 完全に溶解しないとチューブ(カテーテル)に詰まることがあります。充分に溶解してからご使用ください。
  8. 哺乳器などに入れて振盪すると脂肪分が分離しますのでご注意ください。
  9. 60℃以上の温湯での溶解はビタミン類の破壊等を来す原因となりますので、避けてください。

溶解方法および給与方法

  1. 経口給与の場合
    〔溶解方法〕チューブ・ダイエット〈ヘパケア〉1に対し微温湯(40℃前後)を1~2の割合【例 へパケア20g:微温湯20~40ml】で容器にとり撹拌してペースト状に溶解します。
    〔給与方法〕シリンジ等を使用して動物の口腔内に静かに注入します。
  2. 経管給与の場合
    〔溶解方法〕チューブ・ダイエット〈ヘパケア〉1に対し微温湯(40℃前後)を3~5の割合【例 へパケア20g:微温湯60~100ml】で使用します。まず、チューブ・ダイエット 〈ヘパケア〉の全量を容器にとり、微温湯の半分量をこれに加えます。撹拌しペースト状にして3〜4分間程度放置した後に残り半分量の微温湯を加えて更に撹拌します。
    〔給与方法〕シリンジ等を使用して経鼻カテーテル、経口胃カテーテル、カテーテル食道瘻、胃瘻、空腸瘻等を介して給与してください。