チューブ・ダイエット
〈ハイカロリー/高たんぱく〉

犬猫用高消化性経腸流動食(特別療法食)消化態乳たんぱく質使用
高栄養を必要とする犬猫のために

犬用 猫用
この製品は食事療法食です。
獣医師の指示に従い給与してください。
食事療法食を与えている間は、定期的に獣医師の診察を
お受けください。

内容量:20g×5包 パウダータイプ 窒素充填
原産国名:日本

粉末

※開封時、溶解時に見られる茶褐色の微粒子は
チキンレバーパウダーによるもので、品質上の問題はありません。

特徴

  1. 高たんぱく43.0%以上(当社チューブ・ダイエット〈スーパーハイカロリー/高脂質・緊急用〉(カケシア)対比1.48倍)
  2. 高消化性原材料
    *消化態乳たんぱく質使用
    *消化吸収性に優れる中鎖脂肪酸(MCT)を全脂肪中30%使用
    ★中鎖脂肪酸(MCT)は経門脈で肝臓に入り、すばやくエネルギーとして利用されます。
    *炭水化物原材料として、澱粉を酵素処理したデキストリン使用
  3. 下痢を起こしにくい
    *16%濃度に溶解した場合、体液とほぼ等張になり、下痢が起こりにくくなります。
  4. 猫の肝脂肪症(肝リピドーシス)や胆管炎等に対応すべく、タウリンを強化(旧製品比50%増)、アルギニンを強化(旧製品比25%増)、L-カルニチンを配合。

原材料名

中鎖脂肪酸トリグリセリド(MCT)含有調整脂肪、乳たんぱく質、脱脂粉乳、消化態乳たんぱく質、デキストリン、卵黄粉末、酵母エキス、チキンレバーパウダー、かきエキスパウダー/タウリン、L-カルニチン、アミノ酸類(L-トリプトファン,L-スレオニン,DL-メチオニン,L-アルギニン)、ビタミン類(A,D,E,K,B1,B2,B6,B12,C,パントテン酸,ナイアシン,葉酸,コリン,ビオチン)、ミネラル類(Ca,P,K,Na,Cl,Mg,Fe,Cu,Mn,Zn,I)、二酸化ケイ素、香料(バニラミクロン)

成分

たんぱく質 43.0%以上 水分 3.5%以下
脂質 28.0%以上 代謝エネルギー(ME) 510kcal/100g
粗繊維 - たんぱく質由来熱量 33.7%
灰分 4.0%以下 脂質由来熱量 49.4%

標準組成

カルシウム 1.00% セレン 0.11mg/kg 葉酸 0.8mg/kg
リン 0.50% ビタミンA 5000IU/kg ビオチン 0.1mg/kg
カリウム 0.80% ビタミンD 500IU/kg コリン 1200mg/kg
ナトリウム 0.30% ビタミンE 50IU/kg タウリン 300mg/kg
塩素 0.70% ビタミンK 0.1mg/kg ヌクレオチド 100mg/kg
マグネシウム 0.03% ビタミンB1 5mg/kg L-カルニチン 100mg/100g
80mg/kg ビタミンB2 4mg/kg リノール酸 1.00%
7.3mg/kg ビタミンB6 4mg/kg α-リノレン酸 0.10%
マンガン 7.5mg/kg ビタミンB12 0.022mg/kg アラキドン酸 0.02%
亜鉛 200mg/kg パントテン酸 10mg/kg
ヨウ素 1.50mg/kg ナイアシン 60mg/kg

1日当りの標準給与量(g)

体 重
(kg)
熱量
(kcal)
粉量
(g)
チューブ推奨 シリンジ推奨 ペースト状
4Fr 6Fr
128kcal/
100ml
146kcal/
100ml
255kcal/
100ml
340kcal/
100ml
添加水量(ml) 添加水量(ml) 添加水量(ml) 添加水量(ml)
1 70 14 41 34 14 7
2 118 23 69 57 23 12
3 160 31 94 77 31 16
4 198 39 116 95 39 20
5 234 46 138 112 46 24
6 268 53 158 129 53 27
7 301 59 177 145 59 30
8 333 65 196 160 65 34
9 364 71 214 175 71 37
10 394 77 232 189 77 40
20 662 130 389 318 130 67
30 897 176 528 431 176 91
40 1113 218 655 534 218 112
50 1316 258 774 632 258 133

*1日当りの熱量は入院・安静時に必要なカロリー:RER(kcal)=70×(体重kg)0.75で計算。
*標準給与量は表の通りですが、給与の1日目には標準給与量の1/3量、2日目には2/3量、3日目には全量給与を目安としてください。
*給与回数は1日に2回以上とし、適宜ご調整ください。

注意事項

  1. 濃度、給与方法、給与速度などは年齢、種類、体重、病状などにより適宜ご調整ください。
  2. 溶解する容器、給与器具は常に清潔で、乾燥したものをご使用ください。
  3. 溶解は清潔な場所で行い、細菌に汚染されないようにご注意ください。
  4. 溶解後は早めにご使用ください(目安2時間以内)。
  5. 完全に溶解しないとチューブ(カテーテル)に詰まることがあります。充分に溶解してからご使用ください。
  6. 60℃以上の温湯での溶解はビタミン類の破壊等を来す原因となりますので、避けてください。
  7. 給与にあたり(特に飢餓状態にあった犬・猫)電解質モニタリングの必要があります。
  8. たんぱく質や脂質の制限を必要とする場合は推奨されません。

溶解方法および給与方法

  1. 経管給与の場合
    〔溶解方法〕チューブ・ダイエット〈ハイカロリー/高たんぱく〉を給与量のチューブ推奨記載量の微温湯(40℃前後)で溶かし、使用します。溶かす際は、まず微温湯の半分量を加え、撹拌し、ペースト状にして3~4分間程放置し、残り半分量の微温湯を加えて更に攪拌すると溶解がスムーズです。
    〔給与方法〕フィーディングチューブを介し給与してください。
  2. その他の場合
    〔溶解方法〕チューブ・ダイエット〈ハイカロリー/高たんぱく〉を給与量のシリンジ推奨、ペースト状記載量の微温湯量を参考に、溶かし使用します。
    〔給与方法〕シリンジ・食器等を使用して給与してください。