チューブ・ダイエット
〈低脂肪〉

犬用高消化性経腸流動食(特別療法食)消化態乳たんぱく質使用
消化器疾患などの犬のために

犬用
この製品は食事療法食です。
獣医師の指示に従い給与してください。
食事療法食を与えている間は、定期的に獣医師の診察を
お受けください。

内容量:20g×5包 パウダータイプ 窒素充填
原産国名:日本

粉末

※開封時、溶解時に見られる有色微粒子は
ミネラルパウダーによるもので、品質上の問題はありません。

特徴

  1. 脂質を3.0%以上(実測値3.1%)に抑え、粗繊維を0とすることで膵炎の急性期等、積極的に低脂質、高消化を選択すべき消化器疾患症例に対応
  2. 最小限の脂質を含有することで、脂溶性ビタミンの輸送をサポートできるように配慮
  3. 高消化性の消化態乳たんぱく質、中鎖脂肪酸(MCT)を原料に使用
    *MCTは経門脈で肝臓に入り、すばやくエネルギーとして利用され、また消化管細胞を増殖させることでムチンの分泌が増し、腸管の物理的バリアーをサポートします。
    ※参考文献Ishi,K.et al.2009.J.Gastroenterol.44,204-11.
  4. たんぱく過剰にならないように組成に配慮し、腸粘膜の保全に必要なグルタミンを補給
  5. 炎症性腸疾患、腎臓障害等の併発疾患を考慮し、ビタミンB12の含有量を高め、リンの含有量は低減
  6. 消化器疾患に配慮し、ビタミンDを強化
    (当社チューブ・ダイエット<ハイカロリー/高たんぱく>と比較し、倍増)
  7. 十分なカルシウム量、その他、ビタミン・ミネラルを添加
  8. 消化器疾患時に併用されることの多いプロバイオティクスであるビフィズス生菌をあらかじめ配合

原材料名

デキストリン、消化態乳たんぱく質、脱脂粉乳、ブドウ糖、卵黄粉末、かきエキスパウダー、中鎖脂肪酸トリグリセリド(MCT)含有調整脂肪、ビフィズス生菌粉末、酵母エキス/アミノ酸類(DL-メチオニン,L-トレオニン,L-トリプトファン,L-グルタミン)、ビタミン類(A,D,B1,B2,B6,B12,パントテン酸,ナイアシン,葉酸,ビオチン,コリン)、ミネラル類(Ca,Na,P,K,Cl,Mg,Fe,Cu,Zn,I,Se)、DHA、タウリン、L‐カルニチン、二酸化ケイ素、香料(バターミクロン)、酸化防止剤(VE)

成分

たんぱく質 25.0%以上 水分 3.0%以下
脂質 3.0%以上 代謝エネルギー(ME) 385kcal/100g
粗繊維 0.3%以下 たんぱく質由来熱量 27.0%
灰分 5.0%以下 脂質由来熱量 7.0%

標準組成

カルシウム 0.60% セレン 0.11mg/kg タウリン 0.10%
リン 0.30% ビタミンA 5000IU/kg L-トリプトファン 0.44%
カリウム 0.95% ビタミンD 1000IU/kg L-トレオニン 1.40%
ナトリウム 0.40% ビタミンE 50IU/kg DL-メチオニン 1.00%
塩素 0.90% ビタミンB1 8mg/kg L-グルタミン 1.50%
マグネシウム 0.10% ビタミンB2 5mg/kg
120mg/kg ビタミンB6 5mg/kg
2mg/kg ビタミンB12 0.1mg/kg
マンガン 15mg/kg パントテン酸 12mg/kg
亜鉛 300mg/kg ナイアシン 70mg/kg
ヨウ素 6mg/kg ヌクレオチド 100mg/kg

1日当りの標準給与量(g)

体重
(kg)
熱量
(kcal)
粉量
(g)
チューブ推奨 シリンジ推奨 ペースト状
4Fr 5Fr
約140kcal/
100ml
約171kcal/
100ml
約256kcal/
100ml
約275kcal/
100ml
添加水量(ml) 添加水量(ml) 添加水量(ml) 添加水量(ml)
1 70 18 32 23 9 7
2 118 31 54 39 16 12
3 160 41 74 53 21 17
4 198 51 91 65 26 21
5 234 61 108 77 31 25
6 268 70 124 89 36 28
7 301 78 139 100 40 32
8 333 86 154 110 45 35
9 364 94 168 120 49 39
10 394 102 182 130 53 42
20 662 172 306 219 89 70
30 897 233 414 297 120 95
40 1113 289 514 368 149 118
50 1316 342 608 435 176 140

*標準給与量は表の通りですが、給与の1日目には標準給与量の1/3量、2日目には2/3量、3日目には全量給与を目安としてください。
*給与回数は1日に2回以上とし、適宜ご調整ください。
*1日当りの熱量は、入院・安静時に必要なカロリー:RER(kcal)=70×(体重kg)0.75で計算。
*消化管の状態によっては低濃度からの使用を推奨します。

注意事項

  1. 濃度、給与方法、給与速度などは年齢、種類、体重、病状などにより適宜ご調整ください。
  2. 溶解する容器、給与器具は常に清潔で、乾燥したものをご使用ください。
  3. 溶解は清潔な場所で行い、汚染されないようにご注意ください。
  4. 溶解後は早めにご使用ください(目安2時間以内)。
  5. 完全に溶解しないとチューブ(カテーテル)に詰まることがあります。充分に溶解してからご使用ください。
  6. 60℃以上の温湯での溶解はビタミン類の破壊等を来す原因となりますので、避けてください。
  7. 給与にあたり(特に飢餓状態の犬)電解質モニタリングの必要があります。

溶解方法および給与方法

  1. 経管給与の場合
    〔溶解方法〕チューブ・ダイエット〈低脂肪〉を標準給与量のチューブ推奨記載量の微温湯(40℃前後)で溶かし、使用します。溶かす際は、まず微温湯の半分量を加え、撹拌し、ペースト状にして3~4分間程放置し、残り半分量の微温湯を加えて更に攪拌すると溶解がスムーズです。
    〔給与方法〕フィーディングチューブを介し給与してください。
  2. その他の場合
    〔溶解方法〕チューブ・ダイエット〈低脂肪〉を標準給与量のシリンジ推奨、ペースト状記載量の微温湯量を参考に溶かし、使用します。
    〔給与方法〕シリンジ・食器等を使用して給与してください。